木管五重奏のアウトリーチコンサートが小学校で行われました

木管五重奏のアウトリーチコンサート、今回は小学校の音楽室で5年生と6年生を対象に行われました。

事前に授業で木管楽器について予習をしてあったという生徒さん達は反応が良く、楽器の材質、構造にも興味を持っている様子でした。

児童の代表が挑戦した指揮者体験では、テンポや音量などを自由に変化させる児童が多く、指揮者が演奏者を率いているという実感を体験者はもちろん、見ていた児童たちも感じられたのではないでしょうか。
楽器の紹介、指揮者体験などを通して木管楽器が身近なものになり、子供達がこれからの長い未来に聞くであろう様々な演奏が以前よりも身近になったら良いと思います。

間近で聴く音の迫力、伝わってくる響きは生演奏でしか味わうことのできないもの。
5つの楽器の美しいハーモニーは生徒さん達の心に深く残るものになったのではないでしょうか。

お気軽にお問合せ下さい

演奏家派遣のご相談・ご依頼をお待ちしております。
ご予算に応じてご提案致します。