木管五重奏がスペシャルコンサートに出演しました

八王子音楽祭2018の一環として商業施設で行われたスペシャルコンサートに木管五重奏の演奏者が出演しました。
ヨハン・シュトラウスの軽快な「トリッチ・トラッチ・ポルカ」で始まったコンサートは、すぐに大きな人だかりを作りました。今回は「クラシック音楽」がテーマのこの音楽祭。普段は商業施設の演奏では、クラシックだけでなくポップスの曲を入れないとお客様が飽きてしまうのではないかと心配するのですが、クラシックだけでもお客様が集中して楽しんで下さることは、新たな発見でした。
木管楽器についての楽しい説明やそれぞれの楽器の特徴を生かした素敵な選曲。木管楽器の柔らかな音色を楽しみながら、あっという間の30分でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です